• nycc-jesus

希望は失望に終わることがない


ローマ書5章5節から8節より「希望は失望に終わることがない」と題してメッセージ。

講壇には、プラスチックボードをたて、コロナ感染対策で人数を限定しての縮小礼拝が続きます。


牧師のコラム〈からし種〉より

北朝鮮による拉致被害者の家族連絡会で代表を務めていた横田茂さんが天に召されました。43年にわたって長女めぐみさんを含めた拉致被害者の帰国を訴え続けた横田さんご夫妻の姿をテレビでご覧になった方も多いと思います。

 ここ数年、体調を崩され一線からは退いておられましたが、そのような中で、信仰に導かれたと伺った時には、主のみ名を崇めました。そして、今回営まれた葬儀はまるで伝道集会のようだったとも聞いています。

 愛する娘をある日突然奪われてしまい、その後再会できないままこの地上の生涯を閉じた横田滋さんの悲しみを理解することはできませんが、今、横田さんの魂は主のもとで大きな慰めを受けているのではないかと思うのです。

 黙示録21章4節には、やがてもたらされる新しいエルサレムで何が起こるかが書かれています。

「神は彼らの目から涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、悲しみも、叫び声も、苦しみもない。以前のものが過ぎ去ったからである。」と。

 私たちは、この地上の歩みの中に、完全な平安や平和を見出すことはありません。常に何かに悩まされ、痛めつけられ、悲しみを抱えることが常なのです。しかし、それは死を通して一変します。なぜなら、その時、救われた者は、神様の全き主権の中に移されるからです。そしてそこで神様が用意されている慰めを受けるからです。

 横田滋さんが負った苦しみを理解することはできません。いや、誰かが負った苦しみを理解できる人はいません。しかし、神様は一人一人の苦しみをご存知で、その苦しみを包み込むような慰めをお与えになることのできるお方なのです。


「どうか御父が、その栄光の豊かさに従って、内なる人に働く御霊により、力をもってあなたがたを強めて下さいますように。信仰によって、あなたがたの心のうちにキリストを住まわせてくださいますように。そして、愛に根ざし、愛に基礎を置いているあなたがたが、全ての聖徒たちと共に、その広さ、長さ、高さ、深さがどれほどであるかを理解する力を持つようになり、人知を遥かに超えたキリストの愛を知ることができますように。そのようにして、神の満ち溢れる豊かさにまで、あなたがたが満たされますように。」

エペソ書3章16節から19節 聖書

シャローム!主の平安があなたにありますように。

0回の閲覧

日本福音キリスト教会連合

二宮山西キリスト教会 ホームページ

背景透明(解像度72).png