• nycc-jesus

動くペンギンさん🐧

最終更新: 5日前


おーっとっとっとっ!!!ちょっと待って!!と声を出してしまうほど早足のペンギンさん🐧

今日のzoom de CSの工作もみんなで大興奮!大好評でした!動くペンギンさん。電池と輪ゴムを使って

みんなでチョキチョキ、ペッタン!

お話はモーセさんのお話でした。みんなとってもよく聞けました。小さい頃から神様のお話を聞くことができるのは、ただ集中力や理解力を養うだけに留まらず、想像を超えた計り知れない恵みがあります。たっぷりと楽しい神様の祝福のシャワーを浴びて大きくなっていきましょう!


さて、今日のメッセージはローマ書6章12節から14節まで「義の道具」と題してメッセージでした。


これは心の王座に「我」が座っている状態。

罪が私たちを支配し、行動が表に出てくる死ぬべきからだ。


可愛いぞうさんの絵も出てきましたね。

ローマ7章24節でパウロは「私は本当にみじめな人間です。」と告白しています。

サーカスの象が小さい頃から狭い敷地に鎖で繋がれていると、たとえ、大きくなって鎖を外されても決められた範囲以外は出て行かなくなるように、

私たちすべての人間も、アダムとエバ以来、原罪というものを持って生まれて、

救われてもなお、罪の中に生きやすい弱さがあります。

しかし、私たちはからだを「不義の道具」つまり、「罪の武器」とするのでなく、「義の道具」イコール「神の武具」として、神に捧げ(ローマ6章13節)られるように、神様は願っておられ、お取り扱いくださいます。

神の武具とは、すなわち、「愛」です。神の愛です。それは互いに愛し合うことであり、

ひとを責め立ててゆくようなトゲトゲしたものでなく、人の失敗をも包み込むものです。

「愛は多くの罪をおおう。」第一ペテロ4章8節


初めの絵と真逆の図ですね。

心の王座に「私」ではなく「イエス様」が座ってくださると、こうなります。

そして



この新しい人の特徴5つ。

私たちの歩みはこの地上だけではない、永遠に繋がっていくことを思うとき、生き方、視点が変わります。人や自分の目でなく「神の視点に立った生き方」へ変えられていきます。

ハレルヤ!神様、感謝します。

「新しい人を着たのです。新しい人は、それを造られた方のかたちに従って、新しくされ続け、真の知識に至ります。」コロサイ3章10節

このみことばは現在進行形だけでなく、受動態ですね。

つまり、私たちを変え続けてくださるのは、神様なのです。ああ、感謝。感謝。


「そしてこれらすべての上に、愛をつけなさい。愛は結びの帯として完全です。」

コロサイ3章14節  聖書

シャローム!今週も皆さんの上に神様からの平安がありますように。





0回の閲覧

日本福音キリスト教会連合

二宮山西キリスト教会 ホームページ

背景透明(解像度72).png